No.10 Part1『職人が勧める地震対策の建材って❓』〜建築基準以上の地震対策って必要❓

世界一地震多発国「日本」

記憶に新しい熊本地震(2016年)、東北地方 太平洋沖地震(2011年)や、今後予想される東海・東南海地震だけが地震リスクではありません。

 近年だけでも日本各地にこれだけ多くの大地震が発生しています。日本中、いつ、どこでも、大地震が起こる可能性があります。

<建築基準法以上の耐震性能>

 建築基準法で規定されている耐震構造は「人命の安全」を守るのが精いっぱいの最低限の地震対策です。

 しかし、繰り返される地震の度に住宅は損傷してゆきます。 木痩せや度重なる地震で建物や金具が緩むと、余震で損傷が進み、倒壊に至る事があります。

 新築直後に大地震が来たらどうなるでしょうか?

 家が傾き、サッシや壁が破損... 補修費用で二重ローンになるかもしれません。

 補修で済めばまだいいですが、住めなくなってしまったらどうでしょうか❓安かった家でも、そうなってしまったら"高い"のではないでしょうか❓

 新築時に追加費用を出してでも最高レベルの地震対策を講じて、大きな損傷を避ける事ができれば本当に"安い"と言えるでしょう。

 勝箆兄弟技建がお勧めする地震対策は、人命だけでなく建物も守る、建築基準以上の水準です。(^o^)

次回はいよいよ職人が勧める制震建材の紹介です。お楽しみに❗️(*≧∀≦*)
お読み頂きありがとうございました。営業の勝箆 孝道(かつの たかみち)でした❗️\(^o^)

※図などはアイディールブレーン株式会社様より引用